女の子がほしいママへの産み分けナビゲーション

ピンクゼリーナビ

女の子がほしいママたちの多くが利用しているピンクゼリー。

女の子を授かる確率が上がるという産み分けゼリーです。

ピンクゼリーを使ってみたいけど、本当に効果があるのか不安

どこで売っているのか分からない

どのピンクゼリーが一番いいのか知りたい

ここでは、初めてピンクゼリーを使ってみようと考えている方のために、ピンクゼリーの効果や女の子産み分けの成功確率、そしておすすめのピンクゼリーはどれかなどをご紹介していきます。

 

ピンクゼリーの効果|女の子を授かることができるってほんと?

そもそも、ピンクゼリーで女の子を授かることができるというのは本当なのでしょうか?

まず、赤ちゃんの性別が決まる仕組みについてご説明します。

 

赤ちゃんの性別は、受精する精子の染色体によって決まる!

赤ちゃんが女の子になるか男の子になるかは、卵子と受精する精子がもつ染色体の種類によって決まります。

精子には、X染色体をもつものと、Y染色体をもつものの2種類あって

X染色体をもつ精子が卵子と受精すると?⇒女の子

Y染色体をもつ精子が卵子と受精すると?⇒男の子

こんなふうに受精卵の性別が決まるのです。

なので、女の子がほしい場合は、

X染色体をもつ精子

がうまく卵子と受精できるようにすればいいということなんですね。

 

X染色体が卵子と受精できるために必要なこと

X染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子は、性質や特徴が大きく異なります。

女の子になるX染色体をもつ精子の特徴

酸性に強く、アルカリ性に弱い

泳ぐスピードが遅い

寿命が2~3日

男の子になるY染色体をもつ精子の特徴

アルカリ性に強く、酸性に弱い

泳ぐスピードが速い

寿命が1日程度

こうした特徴の違いをうまく利用して、女の子になるX染色体をもつ精子が卵子と受精しやすくなる環境を作ってあげるのです。

 

ピンクゼリーを使うとX染色体をもつ精子が有利になる!?

ピンクゼリーには、膣内を酸性にするための成分が配合されています。

X染色体は酸性の環境に強いので、膣内が酸性になればX染色体にとって有利になるということなんですね。

そして、男の子になるY染色体をもつ精子は酸性に弱いので、X染色体をもつ精子にとってより競争に勝ちやすくなるのです。

ピンクゼリーは、膣内を酸性に保つことで、女の子になるX染色体をもつ精子がうまく卵子と受精できるような手助けをしてくれるわけなんです。

 

ピンクゼリーはどこで買える?

ピンクゼリーをドラッグストアで探したけど見つけられなかった...

なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?

実は、ピンクゼリーはドラッグストアや薬局などでは販売されていないんです。

ピンクゼリーを手に入れる方法は2通り。

産み分け指導をしている産婦人科で処方してもらう

通販で購入する

ちゃんと病院で指導をうけながら産み分けに挑戦したいという場合は、産み分け指導をしている産婦人科を探して診察を受けてみるといいでしょう。

もっと手軽に、自分たちだけで産み分けに挑戦してみたいという場合は、通販で買えるピンクゼリーを使ってみるのがおすすめです。

 

ピンクゼリーで女の子の産み分けに成功する確率は?

ピンクゼリーを使ったとしても、女の子を授かることができる確率は100%ではありません。

ですが、もちろん何も対策をせずに妊活を行った場合と比べると、成功確率をアップさせることができます。

実際にいくつかのピンクゼリーで統計をとったところ、成功確率は70~80%くらいとのこと。

何もしなければ女の子が生まれる確率は50%ですので、ピンクゼリーを使うことでかなり確率はあがるようですね。

ただ、上にも書いたように、ピンクゼリーは、あくまでも産み分けの確率を高めるためのものであって、100%絶対に女の子を授かれるわけではないことをお忘れなく。

もし「男の子ならほしくない!」と思うのであればピンクゼリーを使った産み分けはおすすめしません。

 

ピンクゼリーを使って障害や副作用が出るリスクはないの?

ピンクゼリーは、膣内に直接ゼリーを注入して使います。

女性にとって一番デリケートな部分に使うものですから、人体に影響がないのか、副作用のリスクはないのか気になるところですよね。

日本製のピンクゼリーはどれも、人体に安全な成分のみを使用して、厳しい衛生管理のもとで製造されています。

また、第三者機関による安全テストをクリアしているので、副作用などの心配もないと言っていいでしょう。

実際に、通販で買えるピンクゼリーの会社3社に副作用について問い合わせてみたところ、3社とも

「これまで副作用の報告は一件もありません」

という回答でした。

ピンクゼリーを使うことで、母体や生まれてくる子供に障害や副作用が残ったり、妊娠しずらくなるといった前例はないようですので、安心して使って大丈夫です。

 

おすすめのピンクゼリー

現在、日本で手に入れることができるピンクゼリーは4種類あります。

産み分けの草分け的な存在である「杉山産婦人科」で発売しているピンクゼリーは、産み分け指導をしている産婦人科医院で処方してもらったり、「生み分けネット」というサイト経由で購入することができます。

これ以外に、ハローベビー、ベイビーサポート、ジュンビーがそれぞれ女の子用のピンクゼリーを発売していて、これらは通販のみで購入できるゼリーです。

病院で買えるピンクゼリーも、通販だけで買えるピンクゼリーも、成功確率としてはほぼ同じ。

どのピンクゼリーを選んでも、「膣内を酸性に保って、X染色体をもつ精子に有利にする」という働きは同じだからです。

ただ、使いやすさという点では、病院で処方してもらえるものよりも、通販で買えるピンクゼリーの方が断然おすすめです。

病院で扱っているピンクゼリーは、使う前にビンに入ったゼリーを湯せんして温めて、溶けたゼリーを付属のシリンジで適量分吸い取って膣内に入れるという、けっこうな手間と時間がかかります。

それに対して、通販で買えるピンクゼリーは、1回分ずつ使い切りの容器に入っているので、キャップを取ってそのまま注入すればOK。20秒くらいで完了します。手間も時間もかかりません。

ピンクゼリーを注入するタイミングは、旦那さんと仲良しする直前なので、できるだけ簡単に手間なくできた方がいいですよね。

 

通販のピンクゼリーならどれがおすすめ?

通販で買えるピンクゼリーの「ハローベビー」「ベイビーサポート」「ジュンビー」はどれも、

シリンジ型の容器に1回分ずつゼリーが入っている

使い捨てなので衛生的

膣内を酸性に保つ成分がちゃんと入っている

全成分が公開されていて安全

という特徴やメリットがあります。

どれを選べばいいか分からないという方は、タイプ別で自分に合う産み分けゼリーを探してみるといいかもしれません。

特典やキャンペーン・価格などで自分に合ったピンクゼリーを選びたいなら、こちらのサイトが参考になりますよ。

⇒迷ったらチェック!通販の産み分けゼリー全比較

\ シェアしてください /

投稿日:

Copyright© ピンクゼリーナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.